めんどくさい女

毎日更新だけがモットー

今日のnote

noteでなんとなく有料の記事を書いたら、なんとお金を払ってくれた方がいました。信じられない。申し訳ない。1番はもちろんありがとうございます!って感謝だけど。

で、売上受け取り期間が限定されているのではないかと誤解した。問い合わせたら「いつでも受け取れますよ」とのこと。ホッとした。焦ってnoteに書いちゃったよ、ハハハ。

実は誤解だったよごめんね~みたいな記事を有料にしてやろうか…と少し思ってしまった。同じ勘違いをした人がいるんじゃないかって。気になる人がいるんじゃないかって。でもやめておいた。運営側が表記を変えるかもしれないし、そもそもそこまで読解力のない私みたいな人はたぶんいないはず。それに困っている人からお金を取るということに少し罪悪感があった。

お金は払いたい人が払ってくれればいい、みたいな。だから有料の記事もしょーもないネガティブな物だった。そんなものでも払ってくれる人がいるんだから、上にも書いた通りありがたい。

 

note、結構親切で面白い。ただサイドバー的なものが欲しいと私は思う。でもスマホでも使ってみた感じやっぱり悪くはない。スマホメインの人なら便利なんじゃないかな。

 

noteに色々書きすぎたと反省。1日1つくらいでいいし、あまりにも書くとTLを汚すと思う。呟かなくてもいいんだけど、やっぱり見てくれる人が欲しいし。

noteって閲覧数はわかるのかな?スキとかフォロワーは通知とかくるようにできるけど、○○人が見たよ~って通知はこなさそう。1つ1つ記事が独立している感があるし。

だから記事にしやすいんだけど、それが私の場合よくない方向に今日は向いてしまった。書きたい時に書くのはいいんだけど、そもそも結果的に書く必要なかったじゃん!みたいなものになってしまった。

記事消そうかな…でも間違いも含めて私の人生というか、都合の悪い部分だけ消してしまうのってよくない、みたいな気持ちがある。Twitterでツイ消ししたりすることがあるけど、あれもそもそも消すくらいならつぶやくべきじゃないって思う。昨日フォロワーさんが100年後も残るツイートをしたい、みたいなことを言っていて少しわかるというか、共感した。残すなら少しはマシなものだけを残したい。あれ?都合の悪い部分残したくないじゃん?あ、だからそもそもよくないものを主張というか、出しちゃいけないよね!って話か。そうか。

 

たぶんどんな偉業とか成し遂げても私は良い人じゃないけど、良い人になれるよう目指していたい。そういう姿勢でいたい。いられるかな。今だけの気持ちかな。

だったら働けとか言われると、もう返す言葉もないです、はい。

よかったら私のnote見てね。だみん|note

noteを始めてみたけど…

noteを始めてみました。理由はお察しください。もしくはnote見てください。

だみん|note

 

軽く使ってみた感じ、なんというか今っぽい。ブログは一昔前のもので、今の時代はnoteみたいなものなのかな~的な。

ブログの方に馴染んでいる私は、ひたすら中央にある文章を読むだけのnoteに違和感がある。正直ブログの方が色々と便利そうだと思った。古い人間ということかな?

なんか意識高い系な雰囲気を感じるし、慣れるのに時間がかかりそう。

 

これからはnoteメインでいくつもりです。でもお金を取れるほどの内容を書ける気がしない。基本的に無料でやっていきそう。で、日々に変化がないので毎日更新とはいかないと思う。無料なら毎日もアリかな…?単に書く場所を変えただけで終わりそうなのが心配。

正直言って稼げるならこっちで稼ぎたいけど、お金払って元が取れるくらい稼げるとは全く思えなかった。スルーしていた1年間無料体験も結局お金必要だし。

 

問題はこのブログをどうするか、です。こっちも毎日更新はやめようかなってくらいで、漠然としている。noteには書けないことを書く…のもなんか違う気がする。noteにしか書けないようなことを増やしていきたい。ろくなものじゃなさそうだけど…。

 

noteで書いている人、Twitterで全然見かけないというか知名度がある人しか使っていない印象あるんですけど大丈夫ですかね?知らないだけで一般の人も使っているといいな~(遠い目)

 

お金を稼ぐことって難しい。noteはたぶん楽な方だけど、それでも頭を抱えている自分がいる。何を書けばいいんだろう。1つのことだけ書いたほうがいいとか使い方にあったけど、浅い私じゃあ深く取り下げられるものが思い浮かばない。自分の昔話でも書けばいいのかな。嫌だな、自分のこと知られるの。でもお金は欲しい。困る。困っている。

このブログというか、アカウントを消すつもりはありません。せっかく知ることができたブログがあって、更新されたかどうか気になるし。

6月2日の良かったと感じたもの3つ

ネット上の人間関係、どうやって知り合ったかはほとんど覚えていないのに、どうして別れたかは意外と覚えている。

 

スマホアプリのワールドフォアトゥーを触ってみた。

f:id:neirun:20190602095127j:plain

見ての通りドット絵で、BGMと雰囲気がすごく良い。ストーリーは意外と短そうだけど、面白そうだと感じた。ドット絵が好きな人は是非プレイしてみて欲しい。雰囲気ゲーが好きな人も。癒やされたい人にも勧めたいけど、作業要素が面倒に感じられるかもしれない。少し嫌な話だけど、無料なのに広告が全く無いところも良いと思った。

クリアしたらまた改めて記事を書くつもり。マルチエンディングだったら良いなと勝手に期待している。

 

良いと思った音楽。

www.youtube.com

読者になっているブログ記事で見かけて、聞いてみたら映像も音楽も良かった。初めて聞いた時、映像を見るべきか音楽に集中するべきか少し困ったけど、映像を優先した。私は歌詞が載っている音楽動画をついつい贔屓してしまうんだけど、やっぱり歌詞の有無は大きい。歌詞が載ってなかったら最後まで聞かなかったかもしれない。

ピアノの音が癖になる。他の動画も見てみるつもり。

 

YouTubeよゐこの2人が新たにチャンネルを開設していた。

www.youtube.com

開設されたばかりで、まだ動画は配信の録画が1つだけ。軽く見てみたけど、よゐこの2人が話しているだけでなんというかほんわかとした気持ちになった。

私はよゐこというと任天堂の〇〇で〇〇生活シリーズの印象が強いんだけど、これはこれで違った良さがあると感じる。更新が楽しみ。

 

 

なんとなくいつもの敬語をやめて書いてみたけど、私語だと私らしさがもっと出ていて悪くないなと思った。

しかしブログを読んでくれている方々としてはどうなんだろう。私が敬語で書いている理由は自分を出しすぎない、そして読んでくれている人に対する私なりの敬意なんだけど。

私のブログだから、良くも悪くも自分を出していくべき?それともある程度の距離を置いておくべき?どちらにするか悩む。

頭の悪い話とPCで見るTwitterのツールの比較

6月ですね。梅雨入りはいつになるのやら。

 

時事ネタ?に触れるのって避けてたんですけど、犯罪者の部屋にテレビやゲームがあったという報道にネット上で批判があるじゃないですか。私ももちろん批判したいんですけど、そこじゃなくて。

ネット上の影響力って現実にどこまで届くのかなって思ったんです。

結構前に東京オリンピックのボランティア条件が酷い、こんなの誰もやらないってツイートばかり見かけたのに、現実じゃあ応募が殺到していたって出来事もあったので気になったんですよね。

結局世の中の流れを握っているのはマスコミとか、偉い立場の人なんですかね。…急に頭の悪い文章になってしまった…。

たぶん最初に書いたゲームが云々って報道も、批判されるのを見越していると思うんですよね。この批判の中、何気なく重要なニュースがあるんじゃないかというか、見落とされる何かがあるんじゃないかって思います。

ちなみに産経新聞だけは「ゲーム機などはあったがパソコンやスマホなどはなく、孤立していたのでないか」的な記事を書いていて評価されているみたいですね。

www.sankei.com

あまり深く考えず、産経新聞を見ていればいいんですかね?

ニュースってどこを信じるというか、当てにしてもいいのか未だにわかりません。ヤフーニュースは自民党所属の人が何かやらかしても、記事にはすれどその人が自民党員だとは書かない~とか見かけたし。まあ私の場合政治はさっぱりなので、きっとよくないんだろうな~くらいにしか思いませんが。

ニュースサイトを比べてみた!みたいな記事はないんですかね。なさそう。まとめサイトを比べてみた!ならありそう。

ネットの情報ってどれが正しいとかわかりづらくなっちゃいましたよねぇ。それとも私が私なりに正誤の判断ができるようになってきただけでしょうか。どこからの情報にせよ鵜呑みにしてはいけないなって思うんですけど、Twitterとかつい信じてしまいます。人間ってなんだかんだ信じたいものしか信じないようにできているらしいですし。

 

Twitterといえば、私は普段パソコンでTwitterを見る際タブッターってサイトで見ていたんですが、ツイートデックも悪くないなって使ってみて思いました。

Tabtter | Twitterクライアントと各種ツールの良いところ

広告が表示されるものの、TLの画像や動画の保存がしやすくて、Windowsキー+Shift+Sで撮ったスクショが貼り付けできる。サムネイルも物によっては出てきます。そしてリストがそれなりにあっても変わらず見やすい。更に無料版なら3つまでアカウントを使い分けられるし、リプライがきた時に通知音を鳴らせます。NGワードとかも使用可能。

駄目なところ

ダークモード非対応。これはまあTwitter公式のものではないし仕方がない。いいねやRTされた時の通知はこない。これも人によってはメリットかも。

TweetDeckの良いところ

公式ツールなだけあってダークモードがある。Chromeもダークモードになぜかなっている身としては結構大きい。アクティビティでフォロワーのいいねしたもの、フォローした人がわかる。これはネトストが捗りそう。特定の人だけを見ることはたぶんできませんが。いいねやRTされた時に通知がくる。これはタブッターの駄目なところでも書きましたが、人によってはデメリットかもしれません。

駄目なところ

ショトカで切り取ったスクショを貼り付けでアップロードできない。リプライなどの通知音設定がたぶんない。中途半端な英語で私を困らせる(完全に私怨)。リストが見づらい。アンケートができない。1クリックすればTLでの投票はできました。

…なんで感想を書いているんだ?!どちらももう一声欲しいと思いますが、まあおすすめです。パソコンでTwitterを見る人はどちらかを使ってみると捗るかも?

 

 

ここまで書いてみてわかったんですが、やっぱり文章量関係なく、内容にはまとまりが欲しい。他にも思ったことや書いてみたいなって話はあるんですが、タイトルに悩む羽目になりそうで。せっかくたくさん書いたのにタイトルは「雑記」じゃあ寂しくありません?私だったら雑記ってなんだよーと気になるか、興味を持ちません。結構記事のタイトルって重要だと思ってます。

この記事、2つに分けてもよかったのでは?と思うので、もしかしたら分裂するかもしれません。わかったことをちょくちょく直しているのは内緒…。

Twitterで見かけた面白かったもの2つ

今日の!私が見て面白かったもの一覧~!正直一覧と言えるほどの量は全くないです。2つ紹介します。ブログ記事と動画です。

 

arcadia11.hatenablog.com

1時間500万円。今ってこういうマーケティングがあるんですね、知りませんでした。

フォートナイトでFPSは懲りたのでapexは触らなかったんですけど、なぜか流行ってましたよね。今でもまあまあ見かけますが、いっときほどではない印象。今はオートチェスとか地味にやってる人が多い気がします。apexもオートチェスもりんごお餅の人からプレイヤーが増えていった気がするんですが、たぶん気のせいだと思いたいです。私がオートチェスを知ったのは同じ配信場所のおじの人からですけど。どうぶつタワーバトルとかりんごお餅さんから流行ってませんでした?と言ってもだいぶ前のことですし、あれはスマホアプリですけども。

あくまで個人の意見なので全く当てにならないと思います。配信者の名前は敢えてぼかしてます。私としてはこう見えたってだけです。暇だから配信サイトの徘徊とか毎日してるんですよね…。というか配信の話を書くのはちょっと話題とずれてますね、すみません。

とりあえず私もお金貰ってゲームやりたい。なんでソシャゲに課金してるんだろう。好きなものにお金を払うのはいいことだと思うんですが。

 

お次は動画です。

www.youtube.com

都道府県?小学生かよ…って思うでしょうけど、まあ基本を振り返るのも悪くはないと思って見てみました。ということにしておいてください。

サムネイルで気付く人もいると思いますが、お笑い芸人オリエンタルラジオの中田さんの動画です。この人、YouTubeで歴史の解説動画を上げていたりオンラインサロンをやっているみたいです。全く知らなかった。

で、肝心の内容なんですがわかりやすい。不満があるとすれば書く字が読みづらいくらいです。突っ込みたくなる発言もありましたが、概ね合っている…はずです。

正誤を判断できるほどの知識が私にはないので、誰かこれを見て「ここはこうだろう」って感想でも書いてほしいです。特に中部地方に住んでいる人の感想が欲しい。動画でも中部地方がややこしいと解説されているので。

中部だの東海だの、なんであそこらへんって呼ばれ方がいくつもあるんですかね?ややこしい。動画いわく中部地方で分けるなら9つも県があるらしいですし。

世界史も日本史も動画で解説されているので、歴史好きならこのチャンネル動画を見て損はないと思います。言っていること全てが正しいとは私は思いませんでしたが、面白かったです。

 

Twitterにはりついていると、どうでもいいものから意外と面白いものまで見かけるのでどうも監視しがちです。取得漏れとフォローが勝手に外れるところをなんとかしてほしい。特に最近出てきた後者はタチが悪い。おかげでリムられたと勘違いして、結果的にこちらがリムっただけになったりしたので。早く直して…。

 

予約投稿しようか悩んだんですが一応(?)今投げておきます。明日何も書くことがないってなっても許して下さい。

まとまりのある文章とは

 1つのことに対して長文が書きたいと思った。のはいいんですけど、書けるほどの感想、文章が出てきません。

この間キャラについて語りました(好きなキャラを語ってみる~かもかてのタナッセ~ - めんどくさい女)が、まとまりがない気がするんです。これに限らず毎日書いていて思っているんですが。

毎日書いているからでしょうか?それとも私に文章力がないだけ?

短文でもいいのなら、1つのことだけを書くことはできると思います。でも私は少しでも読んでくれる人がいるのなら、それなりの量を書きたいと思っています。具体的に言うと500文字くらい。まあ目安ってだけで、それ以下の時もそれ以上の時も珍しくありません。しかも500文字以上ある場合、記事のほとんどが1つのことだけではないと見返さなくてもわかります。

書く内容も困ることが日常的です。…だから1つのことを長く書けないんですかね?私の場合、思いっきり書きながら思い出したりというか、行き当たりばったり?なのが問題かもしれません。とりあえず書いていれば気持ちの整理もできるし、書いていると思い出すこともあるし…みたいな感じなのが駄目なのかもしれません。でもそこまで真面目にブログに対して向き合うのは疲れる気がします。

書く内容に困ると書きましたが、はてなブログを使う前はもっと色々とさらけ出してました。昔話とか。Twitterでもそうだったんですけど、ちょっと困った事態になったので「あーなんでも書けばいいわけじゃないな…」と今の形に落ち着いています。だから書いてあることが全てじゃない~とかって前の記事でぼやいていたというか。

ありのまま全てを書くことはできますが、それによる弊害もわかっているから困っているといった感じです。

 

まあまあの文章量になってしまった。これは1つのことを取り上げていると言える記事なのかどうか。

小説を書いてみたりするのもアリかもしれませんね。書ける未来が見えませんが。

書きたいけど書けないこともある

ブログやらTwitterやらアレコレ書くじゃないですか。でも書いていることがその人の全てではないじゃないですか。でも見ている人からすれば、書いてあることでしか判断できないじゃないですか。頭が痛いです。

 

Twitterで面白いYouTube動画を見つけたので貼っておきます。

youtu.be

精神科医デトロイトってゲームを見て(プレイしている方は別にいる)自分なりの視点でものを言う動画です。

デトロイトは私のブログやTwitterを見ている人なら知っている人が多いはず。知らなくても解説付きなので安心!

これが正しい!とかじゃなくて。こういう視点で見る、語る人がいるって知ることができるのがこの動画の良いところだと思います。私も表情で人の心理を判断したりしてみたい。正しく判断できるかはさておき。

動画を見てから急に心理学とかの本が欲しくなるのが単純と言うか、影響されやすいなって思います。まあ本を読んで損をすることはないでしょうけど、情報の正誤というか全てを鵜呑みにしないよう気をつけたいですね。

この動画を見て軽く泣いているので、涙腺が弱いにもほどがありますね。どうして涙が出てくるのか自分でもわかりませんでした。泣く要素あったかな…。きっとない。

 

非正規は職歴にならないらしいと知って驚きました。驚くと言うか、知らなかった…って感じです。私の中で職歴なし=働いたことがない、というのが今までの認識だったんです、恥ずかしいことに。働いているのに職歴には書けないって、結構な人生クソ要素だと思うんですけど。思うんですけど~!?

早く死にたいというか、ボケたりして無関係の人を傷つける前に死にたいですね。人生辛すぎる。