めんどくさい女

毎日更新だけがモットー

頭の悪い話とPCで見るTwitterのツールの比較

6月ですね。梅雨入りはいつになるのやら。

 

時事ネタ?に触れるのって避けてたんですけど、犯罪者の部屋にテレビやゲームがあったという報道にネット上で批判があるじゃないですか。私ももちろん批判したいんですけど、そこじゃなくて。

ネット上の影響力って現実にどこまで届くのかなって思ったんです。

結構前に東京オリンピックのボランティア条件が酷い、こんなの誰もやらないってツイートばかり見かけたのに、現実じゃあ応募が殺到していたって出来事もあったので気になったんですよね。

結局世の中の流れを握っているのはマスコミとか、偉い立場の人なんですかね。…急に頭の悪い文章になってしまった…。

たぶん最初に書いたゲームが云々って報道も、批判されるのを見越していると思うんですよね。この批判の中、何気なく重要なニュースがあるんじゃないかというか、見落とされる何かがあるんじゃないかって思います。

ちなみに産経新聞だけは「ゲーム機などはあったがパソコンやスマホなどはなく、孤立していたのでないか」的な記事を書いていて評価されているみたいですね。

www.sankei.com

あまり深く考えず、産経新聞を見ていればいいんですかね?

ニュースってどこを信じるというか、当てにしてもいいのか未だにわかりません。ヤフーニュースは自民党所属の人が何かやらかしても、記事にはすれどその人が自民党員だとは書かない~とか見かけたし。まあ私の場合政治はさっぱりなので、きっとよくないんだろうな~くらいにしか思いませんが。

ニュースサイトを比べてみた!みたいな記事はないんですかね。なさそう。まとめサイトを比べてみた!ならありそう。

ネットの情報ってどれが正しいとかわかりづらくなっちゃいましたよねぇ。それとも私が私なりに正誤の判断ができるようになってきただけでしょうか。どこからの情報にせよ鵜呑みにしてはいけないなって思うんですけど、Twitterとかつい信じてしまいます。人間ってなんだかんだ信じたいものしか信じないようにできているらしいですし。

 

Twitterといえば、私は普段パソコンでTwitterを見る際タブッターってサイトで見ていたんですが、ツイートデックも悪くないなって使ってみて思いました。

Tabtter | Twitterクライアントと各種ツールの良いところ

広告が表示されるものの、TLの画像や動画の保存がしやすくて、Windowsキー+Shift+Sで撮ったスクショが貼り付けできる。サムネイルも物によっては出てきます。そしてリストがそれなりにあっても変わらず見やすい。更に無料版なら3つまでアカウントを使い分けられるし、リプライがきた時に通知音を鳴らせます。NGワードとかも使用可能。

駄目なところ

ダークモード非対応。これはまあTwitter公式のものではないし仕方がない。いいねやRTされた時の通知はこない。これも人によってはメリットかも。

TweetDeckの良いところ

公式ツールなだけあってダークモードがある。Chromeもダークモードになぜかなっている身としては結構大きい。アクティビティでフォロワーのいいねしたもの、フォローした人がわかる。これはネトストが捗りそう。特定の人だけを見ることはたぶんできませんが。いいねやRTされた時に通知がくる。これはタブッターの駄目なところでも書きましたが、人によってはデメリットかもしれません。

駄目なところ

ショトカで切り取ったスクショを貼り付けでアップロードできない。リプライなどの通知音設定がたぶんない。中途半端な英語で私を困らせる(完全に私怨)。リストが見づらい。アンケートができない。1クリックすればTLでの投票はできました。

…なんで感想を書いているんだ?!どちらももう一声欲しいと思いますが、まあおすすめです。パソコンでTwitterを見る人はどちらかを使ってみると捗るかも?

 

 

ここまで書いてみてわかったんですが、やっぱり文章量関係なく、内容にはまとまりが欲しい。他にも思ったことや書いてみたいなって話はあるんですが、タイトルに悩む羽目になりそうで。せっかくたくさん書いたのにタイトルは「雑記」じゃあ寂しくありません?私だったら雑記ってなんだよーと気になるか、興味を持ちません。結構記事のタイトルって重要だと思ってます。

この記事、2つに分けてもよかったのでは?と思うので、もしかしたら分裂するかもしれません。わかったことをちょくちょく直しているのは内緒…。